税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

本屋で発見!
2010.11.30

先週ご紹介した自著「はじめてでもできる青色申告」を
「平積みで」本屋で見つけました!

このうれしいさ、お分かりになりますかね。
10年ぶりに再会した我が子のように「いとおしい」ものなのです。
「あった!あった!よしよし・・」
本当に愛でたくなります。

どこの本屋にもそろそろ確定申告コーナーができてきましたね。
このタイミングはどうしてだか分かりますか?
先週税務署が一斉に「青色申告決算書」を納税者に送ったのですね。

初めて確定申告するような方が、急に税務署から郵便物が送られてきて
ビックリするものです。
「決算書って何だろう?」
そう思う方や、
「まずい!もう12月になる!何もしていない!」
そう気がつくタイミングなのですね。
「取り合えず書店でも行って何か本でも・・・。」
皆そう思うようです。

現場の税理士としても確かに問い合わせが増えてくるタイミングでも
あるのですね。
12月くらいから、今年開業された方からご相談を受けることが
多くなります。

でも今年開業された方は良かったですね。
本書をお読みなればたいていのことが分かります。
大丈夫です。これだけやさしく書いた本はありません。
私も気になっているものですので
本屋で発売されたばかりの類書を手にとって
ながめてみました。
確定申告という「大くくり」の説明した本は多いのですけど
帳簿まで詳しく説明した本はそうそうなさそうです。

ここでまた宣伝。
今回の本は初めて帳簿をつくろうとする方をターゲットにした本でした。

では具体的に領収書の山で悩んでいる方に
「どうやって入力したら65万円控除できますか?」
そんなお悩みに直接お答えする本がもうじき出版されます!

本当に囲碁やマラソンばかりやっているわけではないのですね!
先週最終稿を出版社に渡しましたので
あとは印刷待ちです!
これもご期待ください!!


小江戸川越マラソン
2010.11.29

小江戸川越マラソン

池袋から東武東上線でわずか30分。
埼玉県川越市があります。
「小江戸」と呼ばれ、NHKの朝の連続テレビ小説「つばさ」で
かなり有名になりましたね。
でも小江戸と呼ばれる土地は、実は川越以外にも
栃木県栃木市、千葉県香取市などあるそうです。

あえて「小江戸川越マラソン」と冠をつけて
それをアピールするために第1回マラソンとしてスタートしました。
先週アップしたように、私は自己ベストを更新したばかり。
若干の疲れは残っているものの、自信満々で乗り込みました。

小江戸.JPG

市や地元商工会議所挙げてのまさに「町興し」です。
写真はゲストランナーの谷川真理さんです。
サインも丁寧にやっていました。

しかしなんと8800人もの参加です。
第一回でもあり、大混乱も予想されたのですね。

それで参加者を自己申告の予想タイム順に番号が振られ
そのゼッケン番号が手渡されました。
その番号順にスタートさせたのは良かったのでしょうね。

細い幹線道路、しかも市街地を走るものですから
まさに「団子レース」でした。

途中あの「つばさ」で有名になった川越の風情ある
町並みを走りました。
このあたりは楽しかったですね。
でも最初の5キロは30分。キロ6分の先週より遅いペース。
まあこれだけ人がいたら仕方がないですね。
10キロのラップもちょうど1時間くらい。

でもそのあとは快調でした。
途中の17キロあたりはキロ5分30秒!
前半抑え気味の方が返っていいものなのですかね。
しかも初めて一度も足もつらずに!走れました。

結果は?
2時間9分33秒!
また自己ベスト更新とはいかなかったですが、
2週連続の2時間10分切り!
少し自信になりました。

さあ!来週も走ります!
前人未到?の3週連続2時間10分切り!なるか・・・な?


(初フルマラソン挑戦!まであと62日)



発刊記念大特集!「はじめてでもできる青色申告」 その3
2010.11.26

「見どころ」シリーズ 第二弾!

「マンガが実に面白い!」

真面目な確定申告の本なのですが、その中のマンガが実に
面白いです。
残念ながら、私は絵心がないので、もちろん専門のイラストレーターの
方に書いていただいています。

青色申告届出.JPG

なかなか面白いでしょう。
青色申告の本には必ず届出の記載があります。
このあたり何度も書いてみましたが、
やはり活字だけではうまく伝わらないのですね。
ムック本の128ページの分量にマンガ、イラストがぎっしりです。
私が書いている字がほとんどないくらい。
これもまさに池上彰流の「伝える力」でしたね。

イラストには文字が極力少なく、絵で内容を伝える力です。
この本正直申し上げて、字を全部飛ばして
マンガだけ読んでも面白いですよ。
難しい確定申告をマンガチックに説明しています。

日本一やさしい青色申告の本!です。
どうでしょうか。
こんな本ないですよ。
今年起業開業された方にぜひお勧めください。
あなた自身もだんだん読みたくなってきましたか?
もう本屋へ行って手に取りたくなりましたね。

ではここで、告知。
発刊記念で割引販売いたします!
もう今ならサインまでしてあげますよ。
詳しくはWebで・・・!?


発刊記念大特集!をあまりやりすぎると著作権に侵害しますので
あとは買って読んでみてください・・。

(はじめてでもできる青色申告シリーズ おしまい)


発刊記念大特集!「はじめてでもできる青色申告」 その2
2010.11.25

「見どころ」シリーズ 第一弾!

「超カンタン帳簿 5箇条」

こんなことを言う税理士は私くらいでしょうね。
確定申告をいかにカンタンに処理するかを考えたら
まずこれを実践してください。

5か条.JPG

個人事業者の方はこれを事務所のトイレ?にでも
ぜひ貼ってください。

「事業のお金とプライベートのお金を分けよう!」
そんなところから始まります。
これ大事なのですね。
他の確定申告の本を手にとって見てください。
どれも、「借方・貸方」の説明から始まるものばかりです。
そんなことは個人事業者の方は関係ないのですね。
つい専門家が悪い癖で、仕訳の説明から入ります。
帳簿を作ろう!という書き出しから始まると
そうなるのですね。
ハッタリの強い税理士が書く本は必ずそうなるのですね。(内緒)

最初から
「仕訳を覚えよう!」
「帳簿の書き方を学ぼう!」
なんて考えていると必ず挫折してしまいます。


個人事業者がなんで苦労するかというと、
働いている自分と、遊んでいる自分が、当たり前ですが
同一人物なのですね。
ブログネタでよく私が書いている、マラソンや囲碁をしている吉田と
税理士である吉田はやはり同一人物なのです。
こういうことを説明したいから、遊びのお話も(自慢話?も)
書いているのです。

私が税理士としてお客様からいただいている報酬や
家賃や人件費、文房具などの消耗品などのおカネと
マラソンや囲碁大会の参加料などのプライベートのおカネを
まったく分けているのです。
まず最初に分けないと帳簿なんかできないのです。
こう説明すると分かりやすいですかね。
まさに池上彰流の「伝える力」です。

それをどうやって分けていくかという説明から入ります。
詳しくは本書で・・・。



発刊記念大特集!「はじめてでもできる青色申告」 その1
2010.11.24

最近このブログで囲碁やマラソンなど遊びネタばかりでしたね。
週末は確かにオフですが、平日は真面目に仕事やっているのです。
睡眠時間を削って確定申告のために書き上げた本をご紹介しましょう!

はじめてでもできる個人事業の青色申告.jpg

いろいろ小出しにしながら、宣伝していた本が、ついに出版されました!!

「はじめてでもできる個人事業者・フリーランスの青色申告11年版」
です。
題名が異常に長い本ですかね。
全国の有名書店でもう販売されています。
12月頃になるとどこの書店でも「確定申告コーナー」ができますね。
その一角を間違いなく占め、なんと「平積みで」売られる予定の本です。

確定申告の本で特に買いやすいように、廉価なムック版が
毎年出てくるのをご存知ですか。
その中でももっともポピュラーな「成美堂出版」からでました。
発刊部数は内緒ですが、かなりの数です。
数万部は出るそうです。
税理士で出版されている方は多いのですが、
一度に数万部出る人はそうそういないでしょうね。
今年確定申告本で一番有名な本になるのでしょうかね。

このお話を成美堂さんからいただいて数ヶ月たつのですが、
ずいぶん気合を入れて考えたつもりです。
確定申告ででるムック本はだいたい有名なところで4冊です。
その中で絶対に売れる本にしようと考えに考えました。
やはり出す以上他の本には負けたくないですからね。

ネタ的には「個人事業の超簡単経理」からいろいろ取りましたが
わずか128ページの本です。
しかも、図版やイラストが結構多いのです。
説明は極力省き、見て分かる。しかも分かりやすい本にしようと
心がけました。

ではそのお勧め箇所、見どころ!を私自らご紹介していきましょう。


古河マラソンで自己ベスト更新!
2010.11.22

まだまだ続くマラソンネタ。
マラソンには絶好の季節ですね。

古河マラソン.JPG

茨城県古河市で主催される「I Love 古河マラソン in谷中湖」の
ハーフマラソンに参加してきました。
ここ本当にエントリーするまで知らなかったのですが
9月に走った渡良瀬遊水地なのですね。
谷中湖とはあの渡良瀬遊水地か!と突っ込みたかったのですが、
9月のリベンジということで勇んで行って来ました。
あの時は制限時間(2時間40分)一杯で、あやうく打ち切りストップに
なるくらいもうヘロヘロでしたので・・・。


今度はご紹介した「体幹マラソン」を実践しようと最初から
計画していました。
気をつけたことは、

1.猫背にならないように空を見て走る
2.体重が足に乗るように「ポンポン」走る

もうそれだけでした。
空を見て走るというのはいいですね。
回りの選手を見ないということです。
今まで結構気になっていたのですが、抜かれても
とにかく自分のペースで回りを無視して走ってみました。
それとこの「ポンポン走り」は私が付けたネーミングなのですが
体幹を意識し、足に体重が乗るのを確認しながら
「ポンポン」走るのですね。

これは本当に成果がでました。
まず、最初の5キロが27分です。
これは区間記録更新!です。自分でもビックリしましたね。
少し飛ばしすぎかと思って押えましたが、10キロは56分。
15キロ過ぎても快調です。
とにかく「空見てポンポン」だけを気をつけて走りました。
さすがに19キロくらいに若干足にきて
足の腿の裏がつり出しました・・・。
でもそこは根性で走りましたね。

結果どうだったか。
2時間9分15秒!
もちろん自己ベスト更新です。一応目標の2時間10分を切れました。
なんと今までの記録の20分以上も更新です!(まだ4回目ですが・・・)
写真は記録証を手に記念のVサイン!うれしそうですね。

なんだかハーフで2時間切れそうに思えてきました・・・。



マラソンダイエット究極の方法!
2010.11.19

最近
「吉田さん。痩せましたね?どうしたのですか?」
といきなり聞かれることが多くなりました。
これうれしいことなのですが本当のお話です。


そこでまた得意のマラソンのウンチクを言うのですね。
では今日は、その初公開!「マラソンダイエット究極の方法!」を
ご紹介しましょう。
念のために先に言いますが、これは私の思いつきではなく、
医学的に正しいそうです。
マラソンのベストセラー本に出ていたネタなので大丈夫です。
皆様もぜひお試しください。
それは「体幹ランニング」と呼ばれるものです。これです。

体幹ランニング.jpg

最近スポーツでこの「体幹」という言葉がやたら使われます。
ご存知ですか?
体幹とは文字通り、「身体の幹」、「身体の軸」ということですね。
この軸を中心に運動すればすべてうまくいくそうです。

実はテニスでもある理論なのです。
あるコーチがこの体幹を使えばしっかりしたボールが打てると
指導しています。

ランニングでも、この「体幹」を意識して走るようにすればよいそうです。
実は私自身子供のころから多少「猫背」なのです。
それで走るときは、背を伸ばして姿勢を良くして、着地をするときに
足に体重が乗って「体幹」で走るように心がけています。
あと大事なことは、「肩甲骨」と「骨盤」を意識して走ることなのだそうです。
そうすると軸がぶれずに走れます。

この走り方をマスターすると楽に、しかも疲れないで走れます。
そうすると走ること自体がものすごく楽しくなるのです。
結果的に絶対に痩せるのです!
痩せることが目的で走るのでなく、楽しく走って痩せるというのは
本当にいいと思います。
走らなくてもウオーキングでも効果は十分あるそうです。
これは私が保証はしませんが、お勧めです。
(ブログで保証して、あとから文句言われても困りますので・・・)


でも昨日ご紹介した「ランナーズ銭湯」の一杯も
最高ですからね。
そのあと飲まなければもっと効果が高いのでしょうね・・。

ですので「体幹ランニング」をしたあと、サウナでも入って
あとはウーロン茶でも飲んでサッサと寝るようにすれば
絶対に痩せますね。
コッチは保証しておきましょうか・・・!?



ランナーズ銭湯デビュー!
2010.11.18

ついに念願のランナーズ銭湯をデビューしました!
銭湯なんて本当に久しぶりですね。

ランナーズ銭湯 デビュー.jpg

銭湯といっても、ただお風呂に入るのではなく、
そこで着替えてマラソンができるのです。
脱衣所のロッカーの鍵を番台に預けてから走るのですね。

皇居の周りには三つの有名なランナーズ銭湯があります。
そのうちの一つです。
ここは穴場ですね。
結構空いています。
今後混むと困るので場所は教えません
(でものれんで分かりますね・・・人に教えないで下さい)

写真をよく見ると、下足箱の左側に棚が見えますね。
必ずそこにマラソンシューズを置くのがお決まりです。
保健所の指導で、マラソンシューズは脱衣所に持ち込むことは
厳禁なのですね。


多くの人が皇居を1週から2週するのです。
時間にして30分から1時間くらいです。
中には何週もする人もいるらしいですが、
1時間くらいで戻ってくるのなら
今時の銭湯としては大歓迎なのでしょうね。
このマラソンブームのおかげでこれら銭湯は
大繁盛しています。

ところで、銭湯は今いくらかご存知でしょうか。
今や内湯が定着しているので知らない人も多いのでしょう。
なんとたった「450円」なのです。
安いと思いませんか?

スポーツクラブへ通ったら、毎月1万円以上しますね。
皇居を「タダで」走って、銭湯に行ったと思えば実に安いものです。
走った後、熱めのお湯に浸かると確かに疲れも吹っ飛びます。
ここはジェットバスと電気風呂があって実に快適です。

どうでしょうか。やってみませんか。
新しい楽しみを発見しましたね。
銭湯のあと、美味しいビール飲んで・・・
これからはおでんに熱燗もいいですね・・・。


16歳で会計士試験合格!
2010.11.17

すごいニュースが飛び込んできましたね。
なんと16歳の高校2年生の長谷川智也君が
公認会計士試験合格したそうです。
中学3年生のころから簿記の勉強を始めてわずか2年くらいで
合格したのですから驚きです。

16才.jpg

まだあどけない高校生ですがテレビで見ると
受け答えは結構しっかりしていましたね。

ただ普通高校には進学していなくて通信制の高校なのだそうです。
高校1年生の6月に簿記1級を合格し、その年の12月に
短答式を合格そして、今年の8月の論文とすべて一発で合格!
これは正直驚きですね。

これから彼はどんな人生を歩んでいくのでしょうか。
テレビでは
「一芸入試で大学にいくのですか?」
とインタビューされていましたね。
こういう作戦で大学に進学するという手もあるのですね。
しかしあの難しい試験をこの若さでチャレンジしたことは
評価したいですね。


自分が16歳の頃を考えてみました。
確かにバスケットボールに夢中でしたね。
ウチに帰ると囲碁ばかり・・・。
いつ勉強していたのですかね。
楽しい高校生活でしたけどね・・・。
あの頃から私も簿記会計を勉強していたら今頃は
税理士会の会長くらいにはなっていたか・・・。
(こういうこと書くと怒られますね)

賛否はあるかもしれませんが、普通高校に進学しないで
こういうやり方でチャレンジする人も増えるのでしょうかね。

でもこの会計業界に(もちろん税理士業界も含めて)
彼のように若い優秀な人がどんどん入ってきて欲しいものです。

今後の彼に本当に期待したいです。
これからいろんな人生経験を積んであと30年くらいたったら
会計士協会の会長くらいにはなってください・・。


32年ぶりのメダル! 感動です!
2010.11.16

テレビの前で熱くなった人も多かったのではないでしょうか。
ロシアやブラジルにはかなわないとは思いましたが
アメリカに本当によく勝ちましたね。
感動しました。

世界バレー.jpg

体格的ハンディを乗り越えたのですからすごいです。
バスケットボールを学生時代にやっていたものとしては
バレーやバスケは背の高さは絶対的なものなのですね。
自分がなぜバスケをやったかというと背が高かったからという
大変単純な動機でした。
背が高いほうが有利なスポーツを選んだというのが正しいのか。

そのハンディを速攻バレーという新しい武器で乗り越えたのですから
見事です。
なかなか最近はメダルどころか入賞さえ難しかったのですからね。
体格的に身長が2メートルを越えるような女性選手がいなければ
本当に勝てないのではないかとさえ思っていました。
もともと日本はバレボールが強かったのですがね。

しかし男子バレーももっと頑張って欲しいですね。
こちらの方も体力負けしていますからね。
これもやはり身長が2メートル10センチくらいの超大型選手が
必要かもしれませんね。

速攻バレーといえば、お話がかなり古くなって恐縮ですが
ミュンヘンオリンピックの金メダルはいまだに覚えています。
松平監督の下、大古、島岡、猫田らがAクイック、Bクイックなど
元祖「速攻バレー」を生み出して金メダルでしたからね。(古いですね・・・)
「ミュンヘンへの道」という感動アニメがあったのをご存知ですか。
あのころ小学生でしたけど、もう影響されてよく練習しましたね。
Cクイックや一人時間差なんて本気で練習しました・・・。

やはり柔道の言葉で言われるように「柔よく剛を制す」のお国柄ですからね。
体重別のボクシングがありますが、「身長別のバレーボール」では
つまらないでしょう。

女子バレー感動をありがとう!男子バレーもがんばれ!


日中友好に一役買ってきました!
2010.11.15

尖閣諸島の問題など今や日中関係は大変ですね。
そんな中、日中友好協会主催の囲碁大会に参加してきました。

市ヶ谷の日本棋院で行われ、参加者はなんと600名を越していました。
この状況下、日中親善に皆さん協力的ですね。
ただこのタイミングで、中国側からの参会者は出場を見合わせることに
なったそうです。残念でしたね。
しかも、日本側も、官公庁の囲碁クラブの参会者は少なかったですね。
内緒ですが毎年都庁や防衛省の囲碁部の参加があるのですが、
さすがになかったです。
ユーチューブに投稿されると困るのでしょうかね?

大会は5人一組の団体戦です。
先週アップしました、中国広州でのアジア大会と同じ方式なのです。
やはり団体戦は面白いですね。
本来は個人競技である囲碁をチームワークで勝っていく面白みがあります。

日中友好囲碁大会.jpg

因みに、有段Aクラスで優勝しました。(すいません。いつもの自慢話で)
終わった後の打ち上げのビールのうまかったことといったら・・・。
「あのとき・・・あの手が・・・」
もう囲碁談義に花が咲きさらに酒が進みます。

ただ個人的には2勝2敗であまりチームの優勝には貢献できませんでした。
決勝戦では、なんと小学生のチームとの対戦でした。
小学校の低学年でアマチュアの六段くらいを打つそうですから
皆プロ志望の子でした。
本当に強かったですね。

実はチームはそれに勝って優勝したのですが、
どうも勝ったら申し訳なさそうに思ってしまいました。

私も一応、小学校の3年生の頃からやっているのですね。
囲碁は勝つと楽しいのですが、負けるとつらいのですね。
あの頃は負けると悔しくて泣きながら打っていました。
あの頃のくやしさがふっと思い浮かんで、つい手が緩んで負けてしまいました。
(ちょっと言い訳がましいか・・・)
でも本当にあの子強かったのでサインでももらっておけばよかったかな・・・。


アジア大会開幕!頑張れ囲碁代表!!
2010.11.12

中国広州でアジア大会が本日から開催されます。
金メダルを60個以上取ります!と結団式で言っていましたね。
地元中国が圧倒的に有利でしょうけど、選手の活躍に期待したいです。

ところで囲碁の選手団も出場しているのをご存知ですか?

囲碁選手団.jpg

囲碁も「スポーツ」なのですかね。
実は「頭脳のスポーツ」として今回初めて参加することになったのです。
囲碁の代表選手は12名。
因みにその愛称は公募されて決まった「知恵の和ジャパン」


井山名人をはじめトッププロが参加しているのです。
囲碁ファンとしてはすごいメンバーなのですね。
野球で言えば、イチローと松坂と松井などトップ中のトップが
すべて参加する日本最強のドリームチームです。
分かるでしょうか。

そんなものすごいメンバーが出場するので
ぜひその対戦をぜひテレビ中継して欲しいものです。中継あるのでしょうか?

ただ競技方法が変わっているのです。
男子団体(5人制)、女子団体(3人制)、混合ダブルス(ペア碁)です。


団体戦というのは分かるのですが
混合ダブルスというのは正直あまり馴染まないですね。
テニスをやっているので、混合ダブルスはありますが・・・。
ペア碁というお遊び(失礼!)はありますけどね。
あれが正式競技なのでしょうかね。


写真はその大会前の合宿風景です。
囲碁の合宿といってもスポーツ競技と違うので
何となく雰囲気が違うのですが、でも真剣さが違うのですね。

ペア碁というのはまさにペアとの息が合わないと
勝てないのでしょうね。
私はやったことがないのですけど。

ただ個人戦をぜひやってほしかったですね。
アジアで一番強い棋士は誰か?
もちろんアジアで一番というのは世界で一番強い棋士です。

ガンバレ!知恵の和ジャパン!



伝える力(池上彰)その4
2010.11.11

この本がどうして100万部売れるか分かりました。
きっと中学生や高校生が受験対策用に大量に買っているから
なのでしょうね。
作文の基礎といったら失礼でしょうか。
でも基本的なことなのかもしれませんが、難しいことを
分かりやすく書くのは大事なことなのですね。

何度も申し上げますが、今確定申告本を書いていますが
どうやって分かりやすく教えるか。
まさに「伝える力」に大変参考になります。


テクニック5

「カタカナ用語は使わない」

これは納得しますね。
普段から私もカタカナを言わないようにしているつもりです。
本来がドメスティックですからね。(こんな使い方が悪い!)

和製英語なんて出てくると品がないのでしょう。
昔海外関係の部署にいたとき、回りは当然ですが海外勤務経験者
ばかりでした。
そういうところだと、会話に当たり前にカタカナ多く
出てくるのです。
「そのあたりのアローワンスは・・・」
「そのパフォーマンスは・・・」
などなど。
当然知っているだろうという英語をそのまま使っているのです。
通じる場合もありますが、こちらの思い込みでまったく通じないこともある。
分かりやすく伝えるには、「知ったかぶり」や「憶測」は
いけないのですね。


テクニック6

「使ってはいけない言葉」

これも参考になりました。
例えば
「そして」「それから」
これは小学生の作文に出てきそうな単語ですね。
やたら作文でつなげるワザ?です。

「が」
逆説の「が」を順接で使う。これは想像つくでしょう。
会話でもでてきませんか。

「ところで」「さて」
「いずれにしても」

このあたり、かっこつけても倫理に無理があることを自ら
露呈するようなものだそうです。
このあたりブロガーとしては気をつけなければならないことですね。


テクニック7

「メールの絵文字」
これはいけないといっています。
この点携帯メールを使いこなせないオジサン的でしょうけど、
私的には納得します。(この・・的もいけないそうです)
ついでに(笑)、(涙)もビジネスではいけないと。
他人のブログでよく見かけますが・・・。

どうでしょうか。
文章に自信のない方。「伝える力」を10回くらい読んでみてください。
もしくは「天声人語」を毎日書き写す。
さもなければ「天声信語?」を読む・・・?。

とにかくお勧めします。

(池上彰シリーズ おしまい)



伝える力(池上彰)その3
2010.11.10

池上彰さんの文章力アップ術をもう少し。
これも参考になりました。


テクニック4

「優れた文章を書き写す」

池上さんがNHKの駆け出しの記者のころ、
先輩記者が書いた原稿を書き写すことをよくやったそうです。
いったん帰宅したあと深夜に局に戻り、こっそり先輩の原稿を
一字一句書き写したのだそうです。
当然当時はコピーなんかない時代です。
すごいですね。

さらには、NHKラジオの全国放送のニュースを録音し
それを書き起こす訓練もしたそうです。
そうやって陰ながら努力したのですね。感動しました。

可愛いだけでマトモニしゃべれない女子アナに
聞かせたい話ですね。(失礼!)

これは小説家もやっている訓練で
「浅田次郎さんも文章修行のため、川端康成や谷崎潤一郎の文章を
書き写した」そうです。
ポイントはキーボードで打ち込むのではなくて
鉛筆やペンで書き写した方が効果があるということです。

もっと早く教えてくれれば学生時代でもやったのですけどね・・・。
因みに囲碁では棋譜を並べて覚えるのは好きです・・。(関係ないか・・)


テクニック5

「新聞のコラムを要約する」

朝日新聞の「天声人語」を要約することを薦めています。
これは大学受験のときに、経験したことがある人いるのではないでしょうか。
遠い昔、私もやったことがあります。
なかなか難しいと思いますね。

新聞のコラムといえば、私は、コラムの「つかみ」によく感動します。
朝日新聞や日経新聞のコラムのつかみは見事ですね。
必ず読者をひきつけるような出だしです。

それと、池上氏は天声人語を書き足す訓練もした方がよいと
言っています。
これは実際には難しいでしょうね。
文章術アップにはかなり効果的だとは思います。

私なんかも、ちょうど今確定申告本の原稿書いていて
「ここの章を少し書き足してください」
と出版社に言われてかなり苦しんでいます・・。
池上流のテクニックをもっと早く身に付けておけばよかったと
少し後悔しています。

「天声信語」は、まだまだ天下の「天声人語」には遠く及びませんね・・・。



早稲田また優勝!
2010.11.09

千葉ロッテも優勝しましたね。
ロッテファンの皆様おめでとうございます。
(私はジャイアンツファンなのでどっちが勝っても
あまり関心ないですが・・・。)

しかし早稲田も野球についでまた駅伝優勝しましたね。
なんと15年ぶりに全日本大学駅伝を制しました!
これは駅伝の実力は本物ではないでしょうか。
しかも大会新記録の5時間13分2!です。

過去に駒大がマークした大会記録を上回ったのですね。
箱根駅伝2連覇中のあのエース柏原選手を擁する東洋大が
3位にとどまったのですから、これは箱根にかなり期待が持てますね。

ところで最近マラソンを始めてからこのタイムに
かなり気になるようになりました。
タイムの意味が実感できるようになったというか。
106.8キロを5時間13分ということは
106.8キロを313分で割ると、なんと1キロ3分を
切るのですね。
これはものすごい数字なのです。
フルマラソンの42.195キロに3分をかけると
約2時間7分ですからね。
1キロ6分もかかるビギナーランナーとしては驚異的な数字
夢のまた夢の数字なのですね。
本当に市民ランナーで10キロを30分で走れたら
どんな大会に出ても連戦戦勝ですからね。
当たり前かもしれませんが、この数字に感嘆しています・・・。


ここで私のようなヘボランナーのお話はいいとして
先日の出雲を制した早稲田ですから、当然三冠を狙っているのでしょう。
渡辺監督も胴上げをお預けにしたのですから
本気で視野に入れているはずです。
かつて駅伝サポートクラブに参加した私としてもぜひ応援に
行きたいですね。(こちら)

正月に箱根の温泉に宿泊して駅伝を応援するのが
夢だったのですね。
何とか行って見てみたいですね。
これは来年の正月はきっと盛り上がりますよ・・・。


伝える力(池上彰)その2
2010.11.08

池上彰さんの文章力アップ術は
大変参考になります。

いかに文章をうまく書くかというのは
現代のビジネスでは必須のテクニックでしょう。
以前は電話の対応がその会社の運命を分けるようなことまで
言われていましたが、今やメール全盛ですからね。

1時間に100人に電話対応はできないと思うけど
1時間に100本のメールは打てます。
しかもメールで即座に、しかも的確に自分の意志を表現できることも
要求されます。
相手の意図を読み解き、正確にその質問に答えることができることも・・・。


私自身もこういう文章の書き方のノウハウ本はたくさん持っています。
でも池上さんのテクニックが一番分かりやすいのですね。
いくつかテクニックをご紹介しましょうか。

テクニック1
「もう一人の自分を育てる」

これはいいことを言っていますね。文章を書くと、どうしても
独りよがりになりやすいこものです。
それを客観的な自分を育て、それに見直しさせる。
自分の文章に自分で「これ面白くないな」と突っ込みを入れるのです・・。

なるほど!と思いますね。
池上氏は
「一人突っ込み」とか「一人ブレーンストーミング」
とも言っています


テクニック2
「プリントアウトをして読み返す」

これは私もよくやりますね。
パソコンでモノを作っていると、どうもパソコンの画面で
読み返してしまいますね。
そうすると、同じ目線でしか見られないのですね。
それを打ち出してみると、誤字脱字だけでなく表現について
おかしいところを多く発見できます。
大事なメールも一度打ち出したほうがよいと言っています。
同様なテクニックですね。このブログを携帯やiPadで見直すことも
よくしています。画面が違うと別の観点から考えることもできます。


テクニック3
「ブログを書く」

これはブロガーの私も良く言っていることですね。
文章力の向上には間違いなく役にたつと思います。
「誰かの目に触れ、場合によっては批判を受ける環境にある」ことで
文章が上達するそうです。

「同じ人のブログでも、何度か見ているうちに、論旨が明快になってきたり、
文章が洗練されてきたりするものもある」そうです。


私のブログもそうなっていますかね?
「ブログの効用」は確かにあると思っています・・・。



「ナサケの女」が面白い!
2010.11.05

「脱税するヤツは日本の道路歩くな!」

こんなカッコイイ決め台詞が毎回出でてくる「ナサケの女」
ご存知でしょうか。

ナサケの女.jpg

テレビ朝日でやっている米倉涼子主演のドラマです。
先月から始まっていたのですが、まとめて録画で見てみました。
これは面白いドラマですね。

何となく題名が昔の「マルサの女」と似ていますね。
伊丹十三監督で主演は宮本信子。大ヒットした映画でしたが、
どうも無粋な女らしくない主人公で国税局のイメージダウン(失礼!)
でしたね。

このドラマは国税局査察部で颯爽と働く主人公の松平松子(米倉涼子)が
実にカッコイイ!
同僚の飯島直子扮する査察官も実にいい。
「国税局はこんなに美人がいるの?」(これも失礼!)と
突っ込みたくなりますね。


前にもアップしましたがNHK「チェイス国税査察官」も面白かったですが
こちらの方が気楽に見られます。
業界の者として、他にも「突っ込みどころ」満載なのですが
まあフイクションだからと楽しんで見ています。
毎回査察部の強制調査「ガサ入れ」のシーンがあって、
これは素直に面白く見れます。
脱税者は必ず一網打尽になって逮捕され懲役となるという「オチ」です。
忠臣蔵の「討ち入り」と水戸黄門の「ラストシーン」が毎回楽しめる
日本人好みのドラマですね。

あと、柳葉敏郎扮する査察部長や、何故かオカマ役の武田鉄也も
いい味出しています。
泉谷しげるの統括官も実にいい。リアルな感じで、
「査察にはこういういい人きっといるのだろう。」
と本当に思ってしまいます。

木曜日の楽しみが増えましたね。
「脱税するヤツは日本の道路歩くな!」
これは今年の流行語大賞になるかな・・・?


何かを持っている
2010.11.04

早稲田大学優勝おめでとう!

斉藤投手.jpg

斉藤投手見事でしたね。
8回1死までノーヒットノーランだったのですが、
エラーをきっかけに打たれてしまいましたね。
でも大石投手が見事に締めくくってくれました。
やはりドラフト1位が3人もいて優勝してくれないとね。

肩を組んで校歌をうたっている姿はやはり早稲田OBとして
うるうるしてしまいました・・・。

素晴らしい大学生活のフィナーレでしたね。
11月3日が「ハンカチの日」というオチも見事!でした・・。


プロになってその実力を疑問視する人も多いらいですが
やはり「何かを持っている」人でしょう。
早慶戦のそれも50年ぶりの優勝決定戦という
大舞台で大それたことをやるのですからね。

「何かを持っているとは仲間です。」
とは名言ですね。
4年間ムダではなかったのですね。
そんな言葉が言えるようになったというのは
やはりキャプテンとして成長したのでしょう。


確かにそれほど活躍できないかもしれないけど
ハラハラしながら、なんか父親のような暖かい目で
見ていたいですね。

ダルビッシュのようにタバコ吸わないでほしい。
女遊びなんかしないで欲しい。
デキ婚なんか絶対にやめて欲しい。

やはり楽天のマー君との投げあいを見てみたい。
本当にそう思います。



伝える力(池上彰)その1
2010.11.02

ベストセラーのご紹介。
100万部売れているそうですからご存知でしょう。

伝える力.jpg

今や超売れっ子のタレント兼ジャーナリストの池上彰氏です。
毎日のようにテレビにも出ていますが、
本も一杯出していますね。
本屋さんの新書の棚を覗いてみてください。
もう「池上本」ばかりですね。
一頃の「勝間本」をしのぐ勢いです。

いまさら取り上げるまでもない本ですが
実は真面目に何度も読んでいました。
やはりこれは私が本を執筆しているから何のですね。
どうやって分かりやすく「伝えるか」これを学びたかったのです。

池上彰氏は、NHKの「週間子供ニュース」のキャスターを
11年間も勤め上げた方です。
この番組ご存知ですか?
実は私もよく子供と見ていました。
子供にどうやってやさしく分かりやすく伝えるか?
相当工夫したようです。
実際に一緒に見ている大人の方が勉強になるくらいでしたからね。

彼のオリジナルの、どうやって「伝えるか」を解説した本です。
あの方のしゃべり方と同様、実に分かりやすい本です。

「日銀とは何か説明できますか?」
から始まります。
これを子供に正確にしかも分かりやすく説明できますか?

私の立場ではこう読んでいました。
「確定申告とは何か子供に説明できますか?」

本当に確定申告書を書いたことのない、しかも借方も貸方も知らない人に
どうやって分かりやすく伝えるか?
非常に参考になりました。その意味で良い本です。


番組宣伝 その2
2010.11.01

先日からアップしていますが、「確定申告の本」の執筆
最終段階に入ってきました。
もっと早く書けばよかったのですが、追われないとエンジンが
かからない性格なもので・・・。
徹夜で!書き上げて原稿を出版社にようやく渡して
少しホッとしているところです。
でもまたチェックが入って、修正があって・・・などなどまだ続きます。

一番気を使うのが税法的に間違えないようにすること
ですね。
「ここ違うよ!」
なんていわれたら信用なくしますからね。

この週末もテニスもマラソンも囲碁もせず
ずっとパソコンに向かっていました。
会計ソフトを使ってどうやって超簡単に申告書を作ってもらうか?
あれこれ考えながら必死に書いてみました。


ということで、ここでまた宣伝。

「勘定科目なんて英単語!」
こういうくだりがあります。
こんなフレーズ言うのは私くらいでしょうね。
初心者の方は必ずこの鬼門の勘定科目で引っかかるのですね。

例えば
「切手代は何費かな?」
もうそこで手が止まってしまうのです。

ここで中学生の頃を思い出してみてください。
初めて英語を勉強した時、知らない単語を覚えましたね。
「ディス イズ ア ペン」

「ディス」(This)は「これ」ということから学びましたね。
これと同様に、「切手代は通信費」として
覚えてもらわなければならないのでしょうか?

この箇所は、数週間悩みに悩んだところです・・・。

それで私はどうしたか?
「ディス」は「これ」と中学生は覚えますね。
でも一般の方にこれから単語を覚えることを強要するのも
無理があるのではないでしょうか。

自分でも英語を勉強したころのことを思い出しました。
「ディス」を「これ」と覚えさすには無理がある。
この思考法は英語を和訳することですね。
では「これ」を「ディス」と英訳できるようにしてもらえばいい!
そう思いついたのですね。

これはコペルニクス的大発見です!
詳しくは、本書で・・・。
ブログではアップしません。すいません・・・。
(番組宣伝的)


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!